税金

税金

帳簿書類の確認:仕訳帳・総勘定元帳・残高試算表(貸借対照表・損益計算書)

会計ソフトの入力方法には ソフト独自の手入力 仕訳の形での手入力 データの取り込み データ連携 などがありますが、どの方法で入力しても、出来上がる帳簿書類は同じです。 帳簿書類のうち 仕訳帳 総勘定元帳 残高試算表(貸借対照表、損益計算書)...
税金

交際費の隣接費用(寄附金・広告宣伝費・福利厚生費・給与・会議費)と申告調整(別表15記載例)

法人税法上の交際費とは、会計上の勘定科目に関わらず、下記に該当する費用です。 相手:事業に関係のある者 行為:接待、供応、慰安、贈答、その他これらに類する行為 目的:親睦を深めて取引を円滑にすること 一方、混乱しやすい隣接費用として 寄附金...
税金

輸入取引の消費税:仕入税額控除の要件と税額

輸入消費税の概要と仕入税額控除について解説します。 輸入取引の概要 課税の対象 国内取引の課税の対象は 国内において 事業者が事業として 対価を得て行う 資産の譲渡、資産の貸付、役務の提供 ですが、輸入取引にはこの4要件はありません。 国内...
税金

外国税額控除の控除限度額:国外源泉所得に係る所得金額の留意点

外国税額控除の 控除限度額 を計算する際の 国外源泉所得に係る所得金額 について、留意点を解説します。 控除限度額 外国税額控除の控除限度額は、以下の計算式で算出されます。 法人税額 × 国外所得金額 / 所得金額 これにより、日本で支払う...
税金

外国子会社から受ける配当等の益金不算入と外国源泉税等の損金不算入

外国の関連会社から配当を受け取りました。 くま税理士 保有割合によっては、益金不算入の規定が適用されます。 外国法人から配当を受けた場合の 外国子会社から受ける配当等の益金不算入 外国子会社から受ける配当等に係る外国源泉税等の損金不算入 の...
税金

国外支配株主等と資金供与者等:過小資本税制(国外支配株主等に係る負債の利子等の課税の特例)

前回記事の 国外支配株主等に係る負債の利子等の課税の特例 通称 過小資本税制 の対象となる 国外支配株主等 資金供与者等 について解説します。 国外支配株主等 形式基準 形式基準として、株式や出資の保有割合による判定があります。 外国法人や...
税金

過小資本税制(国外支配株主等に係る負債の利子等の課税の特例)の概要と計算例

外国の親会社から多額の借入をしています。 くま税理士 支払利子の一部が損金不算入となるかもしれません。 外国の親会社から多額の借入がある場合等に検討が必要な 国外支配株主等に係る負債の利子等の課税の特例 通称 過小資本税制 について解説し、...
税金

適格請求書発行事業者の登録で氏名の公表が問題になって思うこと:同姓同名のススメ

この度の適格請求書発行事業者の登録に際し、弊所は 主たる屋号 も付せて公表しています。 その理由は 同姓同名がめっちゃ多いんです! 適格請求書発行事業者の公表事項について解説します。 エゴサーチできないんです 私は、同姓同名が非常に多い氏名...
税金

簡易課税制度のみなし仕入率:複数の事業区分がある場合の原則と特例

簡易課税制度で事業区分が複数あります。計算方法はどうなりますか? くま税理士 原則は、みなし仕入率の平均値を使用しますが、特例もあります。 簡易課税制度で 複数の事業区分がある場合 の計算方法について解説します。 原則 簡易課税制度では、事...
税金

インボイス制度の「2割特例」:選択可不可と本則課税との関係

春になり ⼩規模事業者に係る税額控除に関する経過措置 通称 2割特例 の実施が正式に決まりました。 様々なケースの対応が徐々に整理されてきましたので 2割特例の選択可不可 本則課税と2割特例 について解説します。 2割特例の選択可不可 概要...
税金

相続税の債務控除:対象となる債務と葬式費用

相続税の計算をする際には 債務控除 として 借入金などの債務 葬式費用 を遺産総額から差し引くことができます。 具体例を挙げて解説します。 債務 債務控除の対象となるのは 被相続人の死亡時にあったもので 確実であると認められるもの です。 ...
税金

消費税の中間申告と納付

消費税の申告をしたのですが、結構たくさん納めました。 くま税理士 それなら中間申告が必要になるかもしれませんね。 インボイス制度の開始に伴って、初めて消費税の申告をする方も多いと思います。 その納付額によっては、数か月後、次の確定申告より前...