事業とプライベートの区別:事業主勘定(事業主貸・事業主借)を使おう

税金

事業には事業用の口座やクレジットカードしか使わないと決めていても、銀行やカードの種類による事情や、ちょっとした小銭など、やむを得ずプライベートのものを使うこともありますよね。

そんなときに使うのが事業主勘定です。

具体例や仕訳とともにみていきましょう。

事業主勘定

概要

個人事業主の方の入出金というと、登場するのは主に以下の6つです。

  • 事業用の銀行口座
  • 事業用のクレジットカード
  • 事業用のお財布(または金庫やレジなど)の現金
  • プライベートの銀行口座
  • プライベートのクレジットカード
  • プライベートのお財布の現金

事業とプライベートはきっちり分けておきたいと思いつつも、事業に関する入出金にプライベートの銀行口座やクレジットカードを使うことはよくありますよね。

特に開業当初は、銀行口座やクレジットカードの準備が間に合わず、プライベートのものから入出金をすることも多いのではないでしょうか。

また、プライベートの入出金を、やむを得ず事業用の銀行口座やクレジットカードですることもありますよね。

そんなときに使うのが事業主勘定です。

  • 借方(左側)に登場する「事業主貸」
  • 貸方(右側)に登場する「事業主借」

「貸」と「借」があべこべで、どっちがどっちだっけ?となりそうですが

  • 「事業主貸」は、事業主(プライベートの自分)に貸してあげている資産
  • 「事業主借」は、事業主(プライベートの自分)から借りている負債

です。

仕訳例

では具体的な仕訳例をみていきましょう。

事業用を使った場合

まずは普通に事業用を使った場合を確認します。

事業用の銀行口座から、事業用の事務所家賃を支払った。

(賃借料)××/(普通預金)××

事業用のクレジットカードで、事業用の携帯電話料金を支払った。

(通信費)××/(未払金)××

クレジットカード代金が事業用の銀行口座から引き落とされた。

(未払金)××/(普通預金)××

事業用の現金で文房具を買った。

(消耗品費)××/(現金)××

商品を売り上げた。

(売掛金)××/(売上)××

売上代金が事業用の銀行口座に振り込まれた。

(普通預金)××/(売掛金)××

以上、事業用の口座・クレジットカード・現金を使った場合を確認しました。

プライベート用を使った場合

ではこれがプライベートの銀行口座・クレジットカード・現金だった場合はどうなるでしょうか?

すべて事業主勘定で処理できます。

プライベートの銀行口座から、事業用の事務所家賃を支払った。

(賃借料)××/(事業主借)××

プライベートのクレジットカードで、事業用の携帯電話料金を支払った。

(通信費)××/(事業主借)××

支払った際は事業用と同じにしておいて((通信費)××/(未払金)××)、クレジットカード代金がプライベートの銀行口座から引き落とされた際に((未払金)××/(事業主借)××)としても構いません。
プライベートの現金で文房具を買った。

(消耗品費)××/(事業主借)××

商品を売り上げた。

(売掛金)××/(売上)××

売上代金がプライベートの銀行口座に振り込まれた。

(事業主貸)××/(売掛金)××

いかがでしょうか?
銀行口座でもクレジットカードでも現金でも、プライベートのものはすべて事業主勘定で処理できます。

現金を引き出したり振替をしたときはどうなるの?

くま税理士
くま税理士

そんなときも事業主勘定です。

事業用の銀行口座から生活費を引き出した。

(事業主貸)××/(普通預金)××

事業用の銀行口座からプライベートの銀行口座へ振り替えた。

(事業主貸)××/(普通預金)××

プライベートの銀行口座から事業用の銀行口座へ振り替えた。

(普通預金)××/(事業主借)××

おわりに

事業用とプライベート用をきっちり分けておくのは大切なことです。

でもやむを得ず混ざってしまう場合には事業主勘定で処理することができます。

絶対に事業用の銀行口座やクレジットカードで支払わなければならないわけではありませんので、柔軟に対応しましょう。

タイトルとURLをコピーしました