法人税

税金

外貨建取引と外貨建資産等の換算に使用できる外国為替相場:為替相場が無い場合、為替相場の著しい変動があった場合等

外貨建取引や外貨建資産等の換算には、取引日や期末日(事業年度終了日)の外国為替相場を使用することが原則です。 ただし 当該日に為替相場が無い場合 や 継続適用を条件に 直近日の為替相場や平均値...
税金

外貨建資産等の換算と為替差損益の税務調整

法人の経理は円単位を前提としているため 期末に有する外貨建資産等 について、円表示をする必要があります。 外貨建資産等の換算と為替差損益の税務調整について解説します。 外貨建資産等 外貨建資産等とは、...
税金

消費税の経理方式と決算:納付税額または還付税額の経理処理(税込経理方式・税抜経理方式)

会計ソフトで経理方式を選択するところがあります。 税込経理と税抜経理のどちらを選べばよいですか? くま税理士 どちらを選択してもよいですし、消費税の納付額は同じです。 消費税の2つの経理方式 税込経理方式...
税金

出向があった場合の給与負担金(法人税・消費税・源泉所得税の取扱い)

親会社から出向者が来る予定です。 給与負担金はどのように処理すればよいですか? 出向があった場合の給与負担金の 法人税の取扱い 消費税の取扱い 源泉所得税の取扱い について解説します。 ...
税金

製造業を営む場合の確定申告:製造原価報告書と原価計算

製造業を営む場合の 製造原価報告書原価計算 について解説します。 製造業の決算書 売上原価と製造原価 卸売業や小売業では、商品を仕入れて、それをそのまま販売します。 一方、製造業では、原材料を仕入れ...
税金

中小企業者等の資本金の額の判定時期

中小企業には、税制上の優遇措置がいくつかあります。 多くの場合、その適用可否の判定には期末の資本金の額が使われますが、判定時期に注意が必要な規定もあります。 その代表的なものとして、租税特別措置法の 中小企業者等の少額...
税金

輸出事業用資産の割増償却(改正輸出促進法)と輸出売上がある場合の消費税

2022年10月1日に 農林水産物及び食品の輸出の促進に関する法律等の一部を改正する法律 通称 改正輸出促進法 が施行されます。 これに伴い租税特別措置法に創設される 輸出事業用資産の割増償却...
税金

みどり投資促進税制:環境と調和のとれた食料システムの確立のための環境負荷低減事業活動の促進等に関する法律(みどりの食料システム法)

2022年7月1日に 環境と調和のとれた食料システムの確立のための環境負荷低減事業活動の促進等に関する法律 通称 みどりの食料システム法 が施行されました。 同法を前提とした支援措置のひとつである ...
税金

入会金と会費:消費税と法人税の取り扱い(同業者団体・レジャー施設・ゴルフクラブ・社交団体等)

入会金や会費の取り扱いは、名目ではなく内容によって判断されます。 また、税金の種類によって判断のポイントは異なります。 入会金や会費について、消費税と法人税での取り扱いを確認しましょう。 消費税における取扱い 概要...
税金

圧縮記帳制度と国庫補助金等で取得した固定資産等の圧縮額の損金算入

国からの補助金で固定資産を購入しました。補助金収入は利益になって税金がかかるんですよね? くま税理士 はい。受贈益となり課税されます。ただし、圧縮記帳という制度があります。 固定資産を、補助金、保険金、交換等によって取得...
タイトルとURLをコピーしました