Tax Accounting

税金

事前確定届出給与の届出単位と判定:役員賞与を届出どおりに支給できなかった場合

役員の賞与を届出どおりに支給できませんでした。 損金不算入になりますか? くま税理士 原則として全額損金不算入ですが、一部損金に算入できる場合があります。 事前確定届出給与の届出単位とその判定について解説します。 ...
税金

相続があった場合の適格請求書発行事業者・課税事業者選択届出書・簡易課税制度選択届出書等の取扱い

適格請求書発行事業者の被相続人から事業を承継しました。 相続人は自動的に適格請求書発行事業者になりますか? くま税理士 適格請求書発行事業者の登録の効力は承継されません。 相続人自身の登録申請が必要です。 2...
税金

法人の配当と源泉所得税:受取配当等の益金不算入・所得税額控除・強制徴収・徴収不要(改正)

法人の配当と源泉所得税について 所得税額控除の適用時期(受取配当等の益金不算入との関係)源泉所得税を強制徴収された場合源泉徴収が不要となる場合(改正:令和5年10月1日以後) の3つを取り上げて解説します。 受取配当...
税金

育成中の牛馬や未成熟の果樹の取扱い:生物の減価償却と育成費

春ですね。動物たちの出産シーズンですね。 子牛が産まれました! 乳牛って減価償却資産ですよね!? 子牛の場合はどのように計算するのですか? くま税理士 育成中の生物については、特別な処理が必要です。 ...
税金

適格請求書等保存方式(インボイス制度)での消費税額の計算方法:積上げ計算と割戻し計算

適格請求書等保存方式(インボイス制度)での消費税額の計算方法には、預かった消費税(売上)と支払った消費税(仕入)のそれぞれで 割戻し計算積上げ計算 の2種類があります。 この2種類の違いは、端数処理の関係で以下のよう...
2022.06.11
税金

上場株式等の配当所得について所得税と住民税で異なる課税方式を選択する場合:「特定配当等・特定株式等譲渡所得の全部の申告不要」欄と住民税の申告

上場株式の配当を、所得税では申告するけど住民税では申告しないようにしたいです。 今年からマルを付けるだけになったのですよね? くま税理士 はい。そうなんですが、注意点があります。 令和3年分の所得税確定申告書に新た...
税金

減価償却資産の処理方法:価格別の選択肢と必要経費

減価償却資産は、取得価額によって様々な処理方法が選択できます。 そしてその選択は、購入した年はもちろん、翌年以降の必要経費の金額にも影響します。 パソコンを例に、価格別のシミュレーションをしましたのでみていきましょう。 ...
税金

適格請求書発行事業者の登録要否:アパートと駐車場の賃貸経営

益税をなくして課税の公平を というのが目的のひとつでもある適格請求書等保存方式(インボイス制度)。 現在免税事業者で消費税分を受け取っている事業者は、登録をするかどうかお悩みのことと思います。 また、以下のような理由...
税金

業種別:簡易課税制度の事業区分(卸売業・小売業・製造業・建設業・飲食店業・不動産業)

消費税の納付額は 消費税の納付額 預かった消費税 - 支払った消費税 = 納付する消費税 で計算するのが原則ですが、簡易課税制度は、この「支払った消費税」を 預かった消費税に対する一定の割合(みなし仕入率) ...
税金

設立事業年度が1年未満である場合の留意点

法人の設立事業年度は1年未満となる場合があります。 その際の留意点について解説します。 減価償却 減価償却資産の償却限度額を計算するための償却率は、事業年度を1年として定めたものですので、事業年度が1年未満の場合には、償...
タイトルとURLをコピーしました